プロテイン用に保存容器を買ったら案外アリだった話

この記事は約5分で読めます。

いつきです。

今回の記事は普段とは少し違う雑記のテイストでお送りしますので、気軽に読んでいただければ嬉しいです。

 

趣味で筋トレを始めて3年が過ぎたが、今までずっと関わってきたものがプロテイン。

味も様々、サイズ・量も様々な中で色々なプロテインを飲んできた。

 

そんな中で気づいたのだが、プロテインは容器がついているものと袋に入っているものがあるということ。

一般的には2kgくらいの大容量タイプの物はやたらデカイ容器に入って送られてくるし、1kgくらいの分量の物はそれなりにデカイ袋に入って注文先から送られてくる。

 

容器のついているものだと、使用しているときは密閉もできて、とても便利なのだがいかんせん全て飲み終わった後で困ることが多い。

 

なにせ容器がデカイので、捨てるにしても結構かさばる。

 

それに対して袋のタイプは、チャック付きの袋に入って送られてくるので、飲むときはチャックをあけ、プロテインの粉をシェイカーに移して再びチャックを閉めればひとまず密閉はできる。

全て飲み終われば、袋をたたんでゴミ袋に捨てればいいのでデカイ容器に比べれば簡単ではある…のだが。

 

袋のチャックって個人的に密閉度合いに不安があるんだよなぁ。

 

飲み始めていた当初から漠然と考えていた不安を、さらに増長する出来事があった。

ある休みの日、昼ご飯を食べながら某国営放送の番組を見ていた時にプロテインの特集が組まれていた。

 

「自分が知らないだけでプロテインも市民権を得ているんだなぁ」とボンヤリそれを見ていたが、その番組の中で「プロテインにはダニが湧くんですよ!」という私にとっては強烈なフレーズが飛び込んできた。

 

なんでも、プロテインはタンパク質だから赤ちゃんが飲む粉ミルクなどと同様に、ダニが繁殖しやすいという。

確かにプロテインは栄養が豊富なものではあるし、夏場などは気温が上がることも多いからダニの生育環境としては好条件になるようにも思える。

 

しかしそんな簡単に…と思っていると、実際にプロテインの中でダニが動いている映像が流れたのを見て絶句。

イメージとしては砂がゆっくりと動いているような映像だったが、傾斜もない平らなテーブルの上に置かれたプロテインがズズズと動いているのを見て、何とも言えない気持ち悪さのようなものを感じた。

 

ここで実際にプロテインを飲んでいる身としては、やはり袋のチャックだけでは不安になりすぐにググってみる。

 

そこで分かったことは「プロテインは湿気が少なく温度が上がりにくいところで保管する方がよい」ということだった。

 

湿気が少なく温度が上がりにくいところとなるとパッと思いつくのは冷蔵庫だが、普段から物の多い我が家の冷蔵庫にプロテインのデカイ袋を入れておくスペースは存在しない。

 

さて、どうしたものか…。

 

さらにググってみると、Amazonのサイトにてこんなものを見つけた。


これに移しておいとけば密閉保存もできるし、袋よりは大きくないから冷蔵庫に入れようと思ったときに入れることもできそうと考えた私は、新しいプロテインと共にこの容器をポチっていた。

 

そして商品が届き、実際に確認してみると…悪くない。

 

1kgのプロテインがちょうど全部入る大きさで、飲み終わったときはバラして洗うこともできる。

プロテインのスプーンがデカいので、最後の1、2杯をすくうときにやりにくいのと、すくいきれない分をシェイカーに移すときに多少入れにくいことに目をつぶればかなりいい買い物をしたんじゃないかと個人的には思った。

 

今では別のサプリメントを入れるために新たに容器を買い足しているくらい。

 

プロテインに限らず、粉末の砂糖などを保管することもできるため、筋トレをしている、していないに関わらず便利なものではないかと思うので、気になったなら一度見てみていただければと思う。

 

ただ、これだけで買おうと思うと送料がかかってしまうので、購入する場合はなにか別のものと一緒に購入することをおすすめしたい。

 

とはいえ私が紹介できるのはプロテインくらいなので併せて購入を考えている方はおすすめプロテインにて紹介しているのでそちらもよければ参考にしていただければ。

 

少し長くなりましたが、保存容器を購入したらプロテインの管理がはかどった話でした。

筋トレものことノート
タイトルとURLをコピーしました