アブローラーは一日何回するべき?【回数の目安と頻度を解説】

この記事は約7分で読めます。
先に結論
  • アプローラーに回数の決まりは基本的にない
  • 15回3セットできれば、フォームを変えて強度を上げてみる
  • 頻度は身体の状態にもよるが、2日に一回くらいでも十分鍛えられる

アブローラーは腹筋を鍛えるのに非常に効果的なグッズの1つです。

しかし一日のトレーニングで何回取り組むのがいいのか分からない方もいるかもしれません。

回数については少なすぎてもダメですが多すぎてもダメなのは確かですが、正解はなかったりします。

本記事ではアブローラーを一日何回トレーニングすればいいのか、基本的な考え方について解説しました。

アブローラーを始めたばかりの方や、これから始めようと考えている方は参考にしてみてください。

▼初心者向けのリバウンド機能つきで始めやすいアブローラー▼

アブローラーを一日何回するかは決まっていない

実際のところ、アブローラーを一日何回するのが正解なのかは、人によるところが大きく正解はありません。

トレーニングの強度とこなせる回数とを考慮しながら自分にとって適切な回数を考えていく必要があるためです。

強度が弱いと、回数は多くこなせますが負荷は当然低くなるため効果的とはいえず、強度が強いと負荷に対する効果は高くなりますが、一回しかできないというのではそれはそれで効果が出にくい。

そのため強度と回数のバランスを考えることが非常に重要なポイントではありますが、実際のところ何回くらいできる強度に設定すればいいのか?が問題になりますので、次の項でもう少し掘り下げて解説していきます。

アブローラーの回数の目安は1セット15回程度

アブローラーで何回くらいトレーニングできる強度がいいのか?

結論から言えば1セット15回程度がなんとかできるくらいを目安にします。

1セットではボリュームがやや少ないので、3セットくらいを目安に取り組んでいけば十分筋肉への刺激は与えられますし、セットが増えてくると疲労から回数が少なくなるので最低回数を10回なり8回なりに減らすこともポイントの1つと言えますね。

▼トレーニング回数の例▼

  • 1セット目:15回なんとかできるくらい
  • 2セット目:10~12回程度
  • 3セット目:8~10回程度

取り組むフォームの設定に関しても、1セットで15回くらいできるレベルを選択して進めていき、3セットが問題なくクリアできるようになってきた段階でもう一段階上のフォームに移行していけば無駄がありません。

筋肉は急激に成長するものでもありませんので、焦らず着実に進めていくことが結果的に近道です。

2日に1回程度のメニューでも十分効果は得られる

アブローラーのトレーニング頻度に関しては、毎日した方がいいとも言われますが経験上から言えば、2日に1回くらいの方がベター。

というのも筋肉の成長のサイクルを考えた時に休息は不可欠と考えられているからです。

▼筋肉の成長サイクル▼

  • 刺激:トレーニングによる負荷・ストレス
  • 補給:消費したタンパク質・糖質などの栄養補給
  • 合成:休息による筋肉の合成・回復

どの筋肉でも言われることですが、負荷をかけてトレーニングをすると筋肉は傷ついた状態になり、その傷が回復する前に再度トレーニングを行うことは、筋肉の成長の阻害になると考えられています。

1日休んだところで急激に筋肉が落ちるということはないとも考えられているため、あえて筋肉の成長を制限する必要もなく、トレーニングの強度を確保する意味でも2~3日に1回くらいは休息日を入れていくようにするのがいいのかなと。

アブローラーは一日何回するか?よりも何回できるか?の方が重要

本記事ではアブローラーを一日何回するのがいいのか?について解説しました。

まとめると…
  • アブローラーは何回するかよりも、何回できるかの方が重要
  • トレーニングの強度をある程度確保しなければ効果は薄い
  • 毎日トレーニングするのは筋肉の成長からすると効率的ではない

アブローラーのトレーニングと言っても、結局のところ他の筋トレと大きな違いはなく、何回でもできるようなトレーニングでは大きな効果を得ることは難しいと言えます。

フォームによって強度を変えることができるというのがアブローラーの利点の1つでもありますので、あなたにとって丁度いい強度を探りながら回数を調整していくことが効果的に腹筋を鍛える近道。

使用するアブローラーによっても強度の変化はありますので、これから始めていこうと考えている方はその辺りも考慮していくほうがいいですね。

もちろん、筋トレだけでなく栄養の補給や適度な休息も重要になってきますので、プロテインなども活用しながらトレーニングに取り組んでみてください。

筋トレものことノート
タイトルとURLをコピーしました